Homeバラ宿根草

宿根草

我が家のバラの地際に植えている宿根草の紹介です。育て方が良くなかったためか、環境が合わなかったのか、1年ももたずに枯れてしまうものも少なくありません。今の目標は、できるだけ大きな株に育てバラと共演させることです。

*:ゲラニウム *:ティアレラ *:オルラヤ *:ホスタ *:クレマチス *:クリスマスローズ
*:アナベル *:シャクヤク*:プリムラブルガリス*:エキナセア

ゲラニウム

2014年

オリオン(2014年5月14日)。

宿根草37

2013年

上はローズムーア(2013年5月8日)、下はシルバーシャドー(2013年5月2日)。

宿根草7
宿根草10

2012年

上から、ファエウム ブルー、ミッドナイトクラウズ、オリオン及びボブスブランダーです。草丈は、50〜60 cm程度で花径は2 cmから大きい品種でも5 cm程度です。花は、初夏、又は種類によっては初夏から秋くらいまで咲きます。写真は、上から4月30日、5月20日、6月14日、6月23日に撮影したものです。暑さに弱いようで、家にはこのほかにも数種類いますが、真夏にしばしば枯れてしまいます。

宿根草9
宿根草20
宿根草25
宿根草29

ページトップへ

ティアレラ

2014年

スプリングシンフォニー(2014年4月20日)。

宿根草34

2013年

スプリングシンフォニー(2013年4月13日)。

宿根草6

2012年

スプリングシンフォニーです。草丈は30 cm程度です。花期は晩春で、写真は4月21日の様子です。葉も特徴的で花のない時期も存在を主張しています。

宿根草4
宿根草5

ページトップへ

ホスタ

2012年

サガエです。草丈は、50〜60 cm程度で、春先から冬の初めまで庭の日陰部分に緑色を提供してくれます。我が家の庭には6種類のホスタが植わっていますが、この品種が一番大きいです。直射日光を受け続けると黄ばんでしまうため、バラと競演することは難しそうですが、日陰部分を華やかにする貴重な植物です。写真は、4月21日に撮影したものです。

宿根草8

ページトップへ

クレマチス

2012年

ユーリです。草丈は、今のところ80〜100 cm程度で、8 cmほどの花が繰り返し咲きます。バラと競演する植物の代表選手だけあって、咲く時期も花色もバラとぴったりと思います。写真は、5月17日に撮影したものです。後ろにいるバラはアブラハムダービーです。

宿根草19

ページトップへ

オルラヤ

2013年

昨年1株だったオルラヤが今年は大繁殖して、5月は白の絨毯のようになりました。下の写真にいる黄色のバラはグラハムトーマスです。

宿根草12
宿根草13

2012年

ホワイトレースです。下の写真では右側に写っています(左にいるのはリナリア「アルバ」です)。草丈は50〜60 cm程度です。花期は春〜夏で、写真は5月7日と5月31日の様子です。こぼれ種で異常に増えます。

宿根草17
宿根草24

ページトップへ

クリスマスローズ

2013年

クリスマスローズ(上:2013年3月16日及び下:3月3日)。

宿根草2
宿根草3

2012年

我が家にクリスマスローズは6株(白及び紫)あります。草丈は30 cm程度で、花期は1月〜3月です。夏は木の根元、塀際や中庭の日陰で十分に育ち、冬には日に当たって数多くの花を咲かせます。

宿根草1

ページトップへ

アナベル

2013年

花芽を気にせずに、冬の間にバッサリ切っても問題ないアジサイです(2013年6月21日)。

宿根草11

ページトップへ

シャクヤク

2017年

大きな花が咲いています(2017年5月12日)。

宿根草16

2014年

純白の花が10輪以上咲きました(2014年5月14日)。

宿根草32

2013年

かってきた苗を植えてから3年で初めて花が咲きました(下の写真:2013年5月11日)。上の写真は芽が出たところです(2013年3月23日)。こんなやわらかそうな芽からこんなに大きな花(直径10 cm以上)が咲くとは思いませんでした。

宿根草14
宿根草15

ページトップへ

プリムラブルガリス

2014年

わたしの庭でアセビの次に早く開花します(2014年3月21日)。

宿根草33

ページトップへ

エキナセア

2014年

ピンクダブルデライト及びホワイトスワン(2014年7月6日)。真夏の花の少ない時期に彩りを添えてくれます。

宿根草35
宿根草36

ページトップへ

バラと菜園とわたし MENU

香川県こんぴら温泉の人気宿 低価格のネット広告で集客する方法 無料ホームページテンプレート
Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system