Homeバラピエールドロンサール

ピエールドロンサール

ピエールドロンサール0

1987年、メイアンの作出。2006年、世界連合バラ協会のバラの殿堂入り。ルネッサンス期の詩人ピエールドロンサールにちなんで名付けられたそうです。
本やネットなどによると:
花径 9 cm〜12 cm
花形 カップ咲き
香りは少ない
一季咲き(または返り咲き)
つるバラ
樹高 3 m


わたしの感想

我が家では必ずしも日当たりが良いところではないAエリアに植えてあるのですが、すくすくと育っています。株もとにはアジサイが植えてあるせいか、黒点病にもかかったことはなく(気がつかないだけ?)手間がかからない、育てやすいバラです。カイガラムシの被害の痕跡らしきものはあるのですが、そのままにしてあります。よく言われていることですが、香りがほとんどありません。株元が暗いせいか、株元からのシュートが出てきません。総合評価が4つ★なのは、このバラが年に1回しか咲いてくれないためです。桜と同じ年一回の出会いにこそ、このバラの魅力があるのかもしれませんが。。。。。
初夏に大量に毛虫が発生して、多くの葉っぱが食べられてしまった2012年には、その後春のように若葉が出てきて、初めて数は少ないものの返り咲きました(20輪程度)。2013年は、開花前に暖かい日と寒い日が交互に来たためか、例年と異なり花が徐々に咲きました。また、2014年は例年になく多くの花が返り咲きました。


2017年の結果

日当たりのよい方ら徐々に咲き始めました。


これまでの評価

項目 評価 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
花数 ★★★★★   △ 
花の美しさ ★★★★★   ◇ 
芳香 ★☆☆☆☆   △ 
耐病 ★★★★☆ ◎ 
総合 ★★★★☆

◎=(花数、繰り返し咲き)多い、(花の美しさ)美しい、(芳香、耐病)強い、◇=ふつう、△=少ない、乱れている、弱い


バラの記録

2017年5月20日、24日及び27日

徐々に開花が進み、5月27日(一番下の写真)には花弁がかなり開き切った状態になりました。花が多く押し競饅頭状態になっています。

ピエールドロンサール77
ピエールドロンサール78
ピエールドロンサール79
ピエールドロンサール80

2017年5月14日

全体的に開花が例年より遅いです。多くの蕾が上がってきており楽しみです。

ピエールドロンサール75
ピエールドロンサール76

2016年5月12日及び15日

全体的に今春のわたしの庭のバラは花数が少な目です。このバラに限って言えば、花が上ばかりについて下の方に花が少なくなっています。剪定を上手にして来年は下の方にも花を増やそうと思います。

ピエールドロンサール70
ピエールドロンサール71
ピエールドロンサール72
ピエールドロンサール73
ピエールドロンサール74

2016年5月8日

中心の方が例年より濃いピンクになっています。多くの蕾がついています。

ピエールドロンサール69

2015年12月20日及び2016年1月10日

暖冬のせいでしょうか、年末から年明けにかけて10輪ほどの季節外れの花が咲きました。

ピエールドロンサール66
ピエールドロンサール67
ピエールドロンサール68

2015年6月17日及び24日

こんなことは初めてですが、少ないながらも返り咲き続けています。花弁の数は少なくなっています。

ピエールドロンサール63
ピエールドロンサール64
ピエールドロンサール65

2015年5月24日

下の方は花はほぼ終わっていますが、上の方(フェンスの上)が今満開になっています。また、遅れてちらほらと蕾が上がってきて咲いています。

ピエールドロンサール62
ピエールドロンサール61

2015年5月16日

暖かい日が続いたため、一挙に開花しました。ゆっくり楽しみたかったので少し残念です。

ピエールドロンサール55
ピエールドロンサール58
ピエールドロンサール59
ピエールドロンサール60

2015年5月11日

ゴールデンウィーク前後の夏日の影響と思われますが、例年より1週間ほど早い開花となりました。それでも、わたしの庭では一番遅い開花でした。後ろに見えるのは、ラレーヌビクトリアです。

ピエールドロンサール54
ピエールドロンサール57

2014年11月22日

何度か返り咲いています。11月になっても6輪ほどの蕾があります。

ピエールドロンサール53

2014年5月24日

ここ数日の暖かさでどんどん咲き進み、半分くらいが開き切ったものの、いまだ1割程度が固いつぼみです。もうしばらく楽しめそうですが、花数が多い分掃除が大変そうです。

ピエールドロンサール50
ピエールドロンサール51
ピエールドロンサール52

2014年5月18日

昨日今日の暖かさでかなり開花が進みました。

ピエールドロンサール48
ピエールドロンサール49

2014年5月14日、15日及び17日

昨年と同様に5月14日(一番上の写真の右端)に一番花が咲きました。まだ多くの花は固いつぼみのままです。

ピエールドロンサール46
ピエールドロンサール44
ピエールドロンサール45
ピエールドロンサール47

2014年5月6日

200個近くの蕾が上がってきています。まだ蕾は堅そうです。

ピエールドロンサール43

2014年1月5日

3年前と比較して、隙間がなくなり充実しているのがわかります。今年はどれだけの花が咲くのか楽しみです。

ピエールドロンサール42

2013年7月10日

今年は20輪ほどが返り咲きました。また、太いシュートが何本か出てきました。

ピエールドロンサール41

2013年5月17日

半分ほどの花は満開となった一方、半分は蕾のままです(上の写真左奥のほうはまだ蕾が固いです)。

ピエールドロンサール36
ピエールドロンサール38
ピエールドロンサール37

2013年5月14日

ようやく咲き始めました。ほかのバラたちもそうですが、今年は気温が上がったと思えば、寒い日が続くといった調子だったせいか、一斉に咲くというより徐々に開花していくといった様子です。

ピエールドロンサール40
ピエールドロンサール32
ピエールドロンサール33
ピエールドロンサール34
ピエールドロンサール35

2013年5月2日

枝が増えたにもかかわらず、つぼみの数は100程度と昨年とあまり変わりがないようです。それでも大きな蕾が多くみられ、大きな花が期待されます。また、スプレー状に蕾がついているところも多くあり、期待が高まります。

ピエールドロンサール31

2013年3月23日

昨年と比較して、枝数が増えているのがわかります。これまでは隙間から壁がよく見えていましたが、今年は隙間なく花が咲いてくれるのではないかと思っています。

ピエールドロンサール30

2012年5月24日

今年の見納めになりました。ほとんどの花が咲き切った様子が見れます。

ピエールドロンサール29

2012年5月21日

今日の上の写真は昨日の一番下の写真の1日後の様子です。5月18日から4日連続で徐々に開いていくのがわかります。

ピエールドロンサール27
ピエールドロンサール28

2012年5月20日

下の写真は昨日の一番下の写真の1日後の様子です。徐々に開いていくのがわかります。

ピエールドロンサール26
ピエールドロンサール25

2012年5月19日

下の写真は昨日の上の写真の1日後の様子です。わたしはこの満開前の半開きの花の様子、特に花弁がギュッと詰まった感じが繊細で一番美しいと感じています。

ピエールドロンサール23
ピエールドロンサール24
ピエールドロンサール22

2012年5月18日

一番早い蕾が数輪ですが開花しました。朝の小雨の水滴がなんとも清々しくみえます。

ピエールドロンサール20
ピエールドロンサール21

2012年5月17日

昨年より1〜2日ほど開花が遅れているように思います。しっかりと大きな蕾が相当数ついています。開花が待ち遠しいです。

ピエールドロンサール19

2012年4月21日

小さな蕾が多くみられます。昨年より多いようですが、数はまだ数えていません。もう少しして蕾がある程度大きくなったら数えてみたいと思います。ちなみに昨年は110個でした。

ピエールドロンサール18

2012年2月18日

今年の誘引を終えました。まだ、残雪が株元にあるものの、すでに蕾がふくらみ始めています。

ピエールドロンサール17

2011年8月24日

ちょっと見にくいですが、立派なシュートが2本株元から出ました。これで来年の春も期待できそうです。

ピエールドロンサール15

2011年5月26日

咲き切ってしまい、ちょっと可憐さがないです。この後の雨により今年はこれで見納めになってしまいました。

ピエールドロンサール12

2011年5月21日

ここ最近の高温のせいか、ほぼ満開になりました。

ピエールドロンサール11
ピエールドロンサール16

2011年5月20日

ついに咲きました。

ピエールドロンサール8
ピエールドロンサール9
ピエールドロンサール10

2011年5月18日

もう少しで開花です。110個ほどの蕾を確認しました。

ピエールドロンサール6
ピエールドロンサール7

クイーンオブスウェーデンラレーヌビクトリアと活けてみました。

ピエールドロンサール13

2011年5月16日

蕾がだんだん膨らんできました。

ピエールドロンサール14

2011年4月17日

春です。次々と葉っぱ出てきました。 すでに小さなつぼみが80個ほど確認できました。 だんだん興奮してきました。待ち遠しいです。

ピエールドロンサール5

2011年2月21日

葉っぱがないので誘引の様子がよくわかります。芽が膨らんできました。

ピエールドロンサール3
ピエールドロンサール4

2010年5月22日

切り花として一挙に切ってしまいました。

ピエールドロンサール1
ピエールドロンサール2





ページトップへ

バラと菜園とわたし MENU

香川県こんぴら温泉の人気宿 低価格のネット広告で集客する方法 無料ホームページテンプレート
Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system