Homeバラジュビリーセレブレーション

ジュビリーセレブレーション

ジュビリーセレブレーション0

2002年、David Austin作出。下側(茎側)が薄い黄色で、全体はピンク色の花弁が印象的な品種。シーズン中は花をつけ続ける。
本やネットなどによると:
花径 11 cm
花形 ロゼット咲き
強香
四季咲き
イングリッシュローズ
樹高 1.3 m



わたしの感想

ネットなどで評価が高いイングリッシュローズで、独特な色合いに惹かれて購入しました。しかしながら、初代は日照不足及び水はけの悪さからか枯れてしまいました。そこで2012年に2代目を購入。日差しを遮るヒメシャラの枝を間引いて日差しを確保し、赤玉土を多めに入れて水はけを良くした結果、十分に大きいとはいえないものの、順調に育ち、多くはないものの美しい花を見せてくれました。枝数も徐々に増えてきたことから、今年(2015年)は多くの花を期待しています。花弁の数が多く、頭でっかちのようで、花は横向きからやや下向きに咲いています。


2017年の結果

項目 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
花数  
花の美しさ    
芳香    
耐病  

◎=(花数、繰り返し咲き)多い、(花の美しさ)美しい、(芳香、耐病)強い、◇=ふつう、△=少ない、乱れている、弱い


バラの記録

2014年6月8日

花数は多くないものの、花が咲き始めました。あまり元気がないようでカップが浅くなっています。

ジュビリーセレブレーション6
ジュビリーセレブレーション7

2013年8月3日

小さな蕾がいくつも上がってきています。枝ぶりをよくするために、摘芯を行っています。ヒメシャラの木陰のためか、成長が十分でないようです。

2013年6月5日及び19日

花数は多くないものの、花が咲き続けています。開ききった様子(上の写真:5日)は、イングリッシュローズらしい様子です。下の写真(19日)のように蕾のときは濃いピンクをしています。少し花が小さくなったせいか上向きに咲いてくれています。

ジュビリーセレブレーション4
ジュビリーセレブレーション5

2013年5月17日

まだ木丈が低いうえに、花が大きく重いためうつむいてしまい、いつも同じような角度でしか写真が撮れません。花数も4輪程度しかありませんが、いずれも大きく荘厳な感じがします。

ジュビリーセレブレーション3

2012年9月25日

秋花です。ピンクのグラデーションが素敵です。花弁の数が多いのがよくわかります。

ジュビリーセレブレーション2

2012年5月21日

昨年一度植えたものの、一度も花を咲かすことなく枯れてしまいました。同じ場所に再度植え、ようやく花を見ることができました。独特の色合いが魅力的なバラと思います。前回枯れた理由は、日照不足であったと思われたので、今回は周りの草木を刈り取り十分日が当たるようにしました。

ジュビリーセレブレーション1




ページトップへ

バラと菜園とわたし MENU

香川県こんぴら温泉の人気宿 低価格のネット広告で集客する方法 無料ホームページテンプレート
Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system